宇都宮市のみなさま、こんにちは。宇都宮の鍼灸院、きむら鍼灸です

突発性難聴」という言葉を聞いたことがありますか?その言葉が示すとおり、本人が自覚できるくらい、急激に音が聞こえにくくなってしまう症状です。

具体的には、こんな症状です。

片方の耳がほとんど聞こえなくなった片方の耳がまったく聞こえなくなった「キーン」と急に耳鳴りがして、その後聞こえにくくなった「ポン」と耳が詰まる(閉塞)感じがした etc

突発性難聴は、寝ている際にも症状が続き、不安・ストレスによって日常生活・仕事に支障をきたしていしまう人も多いです。また頑固な耳鳴りを残す場合が多々あります。

突発性難聴の場合、耳鼻科で早急に受診し(発症から遅くとも2週間以内)、鍼灸施術開始時期も早ければ早いほど良いです。

もしあなたが同じような症状で不安を感じていらっしゃるのであれば、この先をお読みください。

突発性難聴はなぜ起こる?

急激に発症する感音性難聴のうち、原因不明のものを突発性難聴と言います。いくつか考えられているのですが、正直なところ、原因を特定するのは難しいところです。

推定される原因のうち、考えられることは次のようなものです。

  • ・ウイルス感染説:おたふくかぜやはしかなどウィルス性の疾患により高度な難聴を引き起こす
  • ・蝸牛内・外壁障害説:音を感じ取る蝸牛の壁を構成する細胞が破壊される
  • ・内耳循環障害説:内耳の毛細血管の血流が悪いため

こんなものが代表的なものです。

鍼灸施術は、突発性難聴に効果を期待できる
原因がいくつか考えられ、特定するのが難しいにも関わらず、鍼灸施術はこの症状に効果的です。

早期の施術だと、1回で大きな変化を感じられることもあるでしょう。

WHO(世界保健機関)の鍼灸臨床結果でも、難聴に効果を期待できると発表していますし、実際に当院に突発性難聴で来た患者様も、鍼灸を継続的に受けることで、ドンドンと良くなっていきます

明確な関連性はまだ判明していないですが、おそらく自律神経の乱れが難聴に繋がっており、自律神経を整えていくことが得意な鍼灸施術だから、突発性難聴にも効果的なのではないかと思います。

どのような施術を行うのか?

きむら鍼灸では、突発性難聴の患者様には、このような施術を行います。

①耳周りの鍼灸
内耳の血液・リンパの循環の悪さが難聴に関連していることが考えられるので、耳周りに鍼灸を行い、内耳の血液循環を促進させます。

 

②頸部・首回りの施術
また突発性難聴になった患者様の共通点として、首から肩にかけての過度の緊張が見られます。耳鼻科の先生から「首のコリをためないでね」と言われたことはありませんか?

当院ではここの筋肉を緩めていくように鍼灸施術を行います。また耳鼻科では交感神経を抑制して痛みの伝達をブロックする星状神経節ブロックを検討されることと思います。

当院では、スーパーライザーという近赤外線を星状神経節に照射します。照射時に痛みを伴わないので、安心して受けることができます。

 

③手足・背中・お腹など
また自律神経を整えていくと、難聴の症状がおさまっていくことが多いです。なので自律神経の調整を目的として、手足の経穴を用いて鍼灸を行います。また必要に応じて、背中やお腹などにも鍼灸を行っていきます。

こうして同時に原因と考えられる場所に、ドンドンと鍼灸施術をしていくことで、回復を早くしていきます。

聴力検査もしっかりと

当院では施術前の検査で、あなたの聴力がどうなっているか、耳鼻咽喉科で使用されている聴力検査器(オージオメーター)を利用して、あなたの聴力を確認して、聞こえ方がどうなっているのかを確認します。

これを行うことで、より正確な施術を行うことが出来ます。

どれくらいで回復していくものなのか?

この突発性難聴はどれくらいで回復していくものなのでしょうか?もちろん個人差はあるのですが、経験上、発症からできるだけ早期の段階で施術を始めると、すぐに良くなっていく傾向にあります

個人差があるので鍼灸治療を何回やれば良いというものはありません。西洋医学では一定期間である程度の回復を持って治療終了となることがあります。しかし、まだ回復傾向にあるのならば、鍼灸治療を継続するべきだと思います。症状が固定する(これ以上の症状改善が見られなくなる)までは。折角、回復傾向であるにもかかわらず、そのままにしておいて症状固定してしまっては、そのあとから治療しても手遅れとなるからです。

急に耳の聞こえが悪くなるというのは、想像以上に不安になってしまうと思います。もしかしたら病院で診断を受けても、ある一定期間、薬を出されて終わりかもしれません。

そんなときこそ、きむら鍼灸にいらしてください。発症後できるだけ早く。当院で発症前まで同等に回復された方もいらっしゃいます。

経験医学である東洋医学は、まず結果が最優先されます。多くの良い結果から、使用する経穴・手法をひも解きしていきます。つまり理論は「後付け」です。理論を優先する西洋医学とは捉え方が異なります。

患者さんにとっては、どんな手法でもいいから良くなりたいということが本音だと思います。そういった意味では、結果を最優先する鍼灸治療を選択するのもいかがでしょうか?

安心して頼ってくださると嬉しいです。
突発性難聴の患者様体験談

耳の調子がよくなりました!(TM様 突発性難聴)

耳の不調で来院していろいろ不安なこともいっぱいありましたが、優しく話して聞いてくれ不安も徐々になくなっていました。

耳の調子もよくなり、肩こりも少しずつなくなているように思います。

感覚をあけながら、これからも通いたいと思います。

※個人の体験談で必ずしも効果を保証するものではありません