男性不妊治療
 
こんにちは、宇都宮市の鍼灸院、きむら鍼灸です。
 
当院は不妊鍼灸を得意としているので、多くの女性患者様が来て、鍼灸施術を受けていかれます。
 
不妊の悩みを女性の患者様から聞きます。

色々な不妊治療を試したけれどもうまくいかなかった子どもが欲しいけど、出来ないのがツラくてしかたないなんで周りは子供が出来るのに、私は・・・

と、ご自身を攻めてしまう女性もいらっしゃいます。
 
しかし、不妊の原因は、男性側にあることも多いことは、あまり知られていない事実です。
 
WHO(世界保健機構)の不妊症原因調査実によると、夫婦間の不妊の原因の48%が、男性側にあることがわかっています。これを「男性不妊」と言います。
 
※男性のみ24% 女性のみ41% 男女とも24% 原因不明11%
 
しかし男性は、その事実を知りません。知らないということは、不妊に対する正しいアプローチを出来ていないことを意味します。
 
男性にとって、その事実を認めることはツラいかもしれませんし、検査に行くこともツラいかもしれません。
 
しかしあなたのパートナーも、同じようにツラい想いをして、これまで検査を行ったり、様々な治療を受けてきてるのです。
 
だからまずは、正しい知識を得ることが男性側にとって重要です。知ることで不安や怖さは消えていきます。
 
ここでは男性不妊症の基本についてわかりやすく説明します。そしてそれに対して、どのようなアプローチをするべきかもお話します。
 
ぜひとも、お読みください。

男性不妊症の3つの要因

当院では男性の不妊症の患者様に鍼灸施術でアプローチをしますが、その要因として次の3つがほとんどです。
 

①造精機能障害
②精路障害
③性機能障害

 

造精機能障害
精子をつくり出す機能自体に問題があって、精子をうまくつくれない状態であること。それ造精機能障害と言います。
 
精子の数が充分でないために、妊娠まで至らないということです。
 
造精機能障害をより細かくわけると、次の3つに分かれます。
 
●無精子症:精液中に精子が一匹もいない状態のこと。造精機能障害で最も重い状態。精液に精子はいなくても、精巣に精子がいれば、不妊治療で妊娠することができます。
 
●乏精子症:精液の中に精子はいるけれど、その数が少ないという症状。
 
●精子無力症:精子の数は正常にあるけれど、その運動が弱い状態。
 
造精機能障害と言っても、上記のように種類があるので、男性の身体を検査することは、非常に重要です。

 

精路障害
精子の輸送経路に問題があって、射精された精液に精子が混じらない障害を、精路障害と言います。
 
精巣に精子はあるのですが、それが精液に混ざらないために妊娠に至らないということです。
 
精巣上体に炎症があったり、精管に障害がある(精路の狭窄など)可能性があります。これも男性の身体を検査することで判明します。

 

性機能障害
勃起障害(ED)・性交障害・性欲障害(行為をしたくならない)など。

 
以上です。特に多いのが、①と③です。
 
男性の場合は、「自分に原因があるかも?」ということ自体も受け入れがたいかもしれません。
 
しかし正しく自分の身体を見つめて検査することが、妊娠への正しい道である可能性も大きいです。
 
妊娠は女性だけでの問題ではなく、男性の問題でもあります。夫婦が協力していく必要があります。

女性と同じように、男性も不妊検査を受けた方が良い場合が多いことも、知っておいていただければと思います。