無事に妊娠できて順調に過ごしていたのに、お腹の赤ちゃんが逆子(骨盤位)になってしまう方がいらっしゃいます。
逆子であると、このような問題が起こる可能性があります。

妊娠後期
  • ・早期の状態で破水をしやすくなる
  • ・へその緒が先に出てしまい、臍帯脱出になりやすい
出産時
  • ・難産になりうる
  • ・帝王切開をする可能性が高い

などなどがあります。

逆子を元に戻すために体操や外回転術などの方法がありますが、鍼灸施術がリスクが少なく、効果的であることがわかっており、病院関係の方ほど、逆子の時には鍼灸を受けにきます。

きむら鍼灸も、逆子鍼灸が非常に得意です。逆子と診断されたならば、当院の鍼灸をお試しください!

週数が早いうちの施術が良い

逆子と診断されるのは8か月(28週目)以降です。それまでは、赤ちゃんはまだ小さく、胎内でコロコロと動くからです。

逆子であると診断されても、もしかしたら自然と戻る可能性もなきにしもあらずなのですが、28週目以降はなるべく早く逆子治療を受けた方が、矯正率が高い傾向にあります。

具体的には、28~32週に施術を行うのが良いでしょう。
安心安全な施術で、お腹の中のあかちゃんが動いていくのを感じてください。

逆子になる原因と、鍼灸の効果

なぜ逆子になってしまうのでしょうか?実がいまだに明確な原因ははっきりしておりません。しかし、

骨盤が小さい(狭骨盤)前置胎盤羊水の量冷えストレス自律神経の乱れ

などが関係していると言われています。

鍼灸では、自律神経を調整し、皮膚温を上げていき、末梢循環を良くしていきます。

そうすると、その体の変化が子宮や胎児にも影響をおよぼし、胎動を促していくと考えられています。

産婦人科によっては、逆子(さかご)のほぼ9割は鍼灸で良くなると言っているところもあります。

それぐらい逆子に鍼灸というのは、非常におススメの施術なのです。

きむら鍼灸の、逆子鍼灸施術

鍼灸院はたくさんありますが、きむら鍼灸の逆子鍼灸は、少し違います。その効果に大きな自信があります!
どのような施術を行うかというと

初診時

お灸のみで施術を行います。点灸と棒灸を使っていきます。三陰交と至陰という、逆子に有効であるツボをメインに刺激を行っていきます。

2回目以降

張り止め(子宮収縮防止剤)を服用していなければ、三陰交に灸頭鍼と至陰に点灸、棒灸を行っていきます。灸頭鍼は、鍼の頭にお灸を乗せる施術。鍼と灸の相乗効果が期待できる施術です。

5-6回が一つの区切り
逆子施術の場合、5-6回の施術で一区切りで、様子を見ます。1区切りでうまくいくことが多いですが、場合によっては2区切りまでやった方が良い場合もあります。

このような鍼灸施術を行うことで、多くの逆子が改善されているのが、きむら鍼灸の施術です。写真のようなエコーも使って、胎内の赤ちゃんの様子をチェックしていくことも行います。

当院は不妊鍼灸施術も得意としているので、他の鍼灸院よりも、多くの逆子施術経験を持っています

ぜひ経験豊富な逆子鍼灸を受けて、安心して出産を迎えていただければと思います。

逆子は、きむら鍼灸にお任せください!

逆子鍼灸の体験談

逆子がすぐに治ったので驚きました!(E.O様 30歳女性)

29週からの逆子鍼灸だったので少し遅いのではないかと心配でしたが、すぐに治ったので驚きました。とても嬉しかったです。

引き続き安産灸でお世話になっていますが、なんとなく身体がだるかったり原因のはっきりしない軽い不調も良くなっていると思います

帰りにはいつも身体がポカポカして、鍼灸によって血流が良くなると自己治癒力を高めるとはこういう事なんだなあと実感しました。

安岡先生は本当に勉強熱心でわかりやすく説明してくださるので、東洋医学を身近に感じるようになりました。もっと身体を大事にしようと思えるようになりました。

心も元気だと身体も元気んあるというお話が印象的で、いつも親身になって相談を聞いてくださり、癒しの時間を過ごさせていただきました。

本当にありがとうございます。産後の宜しく御願い致します。

※個人の体験談で必ずしも効果を保証するものではありません