施術せずに椎間板ヘルニアを、なんとかしたい方へ
 
ヘルニア宇都宮市のみなさま、こんにちは!宇都宮の鍼灸、きむら鍼灸です。
 
椎間板ヘルニアになったときに、患者様が不安に感じることはなんだと思いますか?
 
それは、「手術をしないといけないのか」という不安です。手術というものは、やはり怖いと思ってもしょうがないと思います。
 
ヘルニアの場合、「手術をしても椎間板ヘルニアが改善しなかった」という事例が多いことも、その不安を産む要因の1つでしょう。
 

この激痛から解放されたいでも手術をするのはとても不安
 
そう思っている椎間板ヘルニアと診断されたあなた、もしかしたらそのヘルニア、手術なくなんとかできるかもしれません。
 
きむら鍼灸なら、あなたを元気に出来るかもしれません。
 
ここでは椎間板ヘルニアの誤解と、どうすれば良いかの対処法についてお話します。
 
※本当に手術が必要な場合は、きちんとお伝えしますので、安心してくださいね。

実は椎間板ヘルニアでない可能性

そもそも椎間板ヘルニアというのは、

腰の骨である腰椎。この腰椎は5個あるのですが、その腰椎と腰椎の間には、骨を傷つけないためのクッションがあります。これが椎間板です。
 
この椎間板が、なんらかの原因でニョキっと通常よりもはみ出してしまって、神経に触れてしまって、痛みやシビレが出ること。これが椎間板ヘルニアです。

 
腰痛なので整形外科などで、ヘルニアと診断されて手術をする場合は、このニョキっとはみ出した椎間板を切って、神経に触れさせないようにします。
 
しかし手術をしても、痛みが改善しない?なんで?
 
実はこのヘルニアのニョキっとしたはみ出して痛みが生じるのは、ごくわずかで、ほとんどが、「とってもひどい腰痛」であるだけの場合があるんです。
 
つまり、あまりにひどすぎる痛みのために、腰痛ではなくヘルニアと勘違いしてしまっている場合があるんです。
 
だから、きちんと身体を検査してみると、手術が必要ない場合が多く見つかるんです。
 

椎間板ヘルニアのための施術とは

それでは、きむら鍼灸では、椎間板ヘルニアと診断された方の場合は、どのような施術をするかというと・・・ 次のような施術を行います。
 

検査
まずは検査をしっかり行います。
 
痛み・シビレの出方、どこに出てどこに出ないか、どのように動くとでるのか、でなくなるのか。そういった検査を行い、本当にあなたがヘルニアであるのかどうかを含めて、調べていきます。
 
その結果、本当にひどい椎間板ヘルニアであるなら、手術をした方が良い旨をお伝えします。
 
必要なさそうであれば、施術を開始します。

 

骨盤を調整
鍼灸を使って、ゆがんだ骨盤を調整していきます。
 
骨盤がゆがんでしまい、腰と腰周辺に過剰な負担がかかって、腰痛が起こっている場合があります。
 
骨盤を引っ張る筋肉の緊張を鍼灸で緩めていき、骨盤を正しい位置に戻していきます。

 

関連筋肉の調整
また骨盤のゆがみによって、あらゆる筋肉に緊張硬縮が起こっています。
 
腹直筋(お腹)・臀部・ふともも・ふくらはぎ、場合によっては足の指など。こういった部分の緊張を解いていくことで、ひどい腰痛の元を対処していきます、

 

椎間板ヘルニアの施術回数

それではどれくらいの施術を受ければ良いのか?
 
どうしても個人差が出てしまうのですが、この場合は本当にひどいひどい腰痛の場合が多いので、少し時間が掛かる人が多い印象です。
 
5回~10回程度必要な場合もあります。1回の施術で70%ぐらいの痛みがなくなる方もいます。そこは個人差なのですが、正しく施術をしていけば、元気になっていかれる方がほとんどです。
 
なのでまずは、ご相談ください。それがスタートです。
 
施術せずに椎間板ヘルニアを、なんとかしたい方へ
 
もしかしたら、それは鍼灸で対処できるかもしれないんです。
 
ぜひ一緒に元気になっていきましょう。それがきむら鍼灸の願いです。