生理痛薬を飲んでても寝込まないといけない生理痛から解放されるために
 
宇都宮市のみなさま、こんにちは!宇都宮の鍼灸、きむら鍼灸です。
 
当院は、不妊鍼灸や産後の骨盤矯正、その他美容鍼灸などを行っていることもあり、女性の患者様から身体の不調をご相談いただくことが多いです。
 
その中で多いのが、生理痛と生理不順です。特に生理痛ですね。
 
お話を聞くと、男性では想像はできないほど、また女性でも軽い生理痛の人には信じられないほど、大変な生理痛で悩まれています。
 

生理の1週間前から、身体が重ダルくなってくる生理が来ると、激痛で起き上がれない薬を飲んでても、痛みが引かない昏睡のように、寝てしまう1日目・2日目は、とても身体を動かせないこのツラさを誰にも理解されなくてツラいこんな身体の自分を情けなく思ってしまう etc

 
同じ女性同士でもわからないほど、生理痛には程度の差があって、ひどい人は本当にツラそうでツラそうで・・・ 理解してもらえないのも、余計にツラいと思います。
 
薬(鎮痛剤・生理痛薬)飲んでもダメ。病院に行ったけど緩和しない。漢方もダメだった・・ そんな人にこそ、きむら鍼灸の鍼灸施術を受けていただきたいです。
 
伝えたいのは、諦めないで!ということ。生理痛は緩和させていくことが出来るんです。
 
生理痛でお悩みの方に、何をすればいいかご説明いたします。
 

なぜ生理痛が起こる?

どうして生理痛が起こってしまうのでしょうか?
 
色々要因がありますが、大きくは2つです。
 

ホルモンバランスが崩れてしまっている
生理時にはプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。
 
これは子宮の収縮を促して月経の経血を身体の外に押し出す働きをするのですが、過剰に分泌されてしまうと、痛みを起こしてしまうのです。

 

子宮の血流が滞っている
また子宮内の血流が滞っていることも、理由の1つです。
 
血流が悪いと子宮筋は十分に収縮できなくなります。このためプロスタグランジンが過剰に分泌されていき、痛みが起こってしまっているのです。

 
ホルモンバランスが崩れている・子宮の血流が悪くなっている。これの大元には、

・身体の冷え
・ストレスが蓄積されている
・内臓が不調になっている
・疲れすぎて弱まっている
・自律神経が乱れている
 
などがあります。
 
つまり、ホルモンバランスを元に戻して、子宮内の血流を促していくためには、こういった症状を総合的に対処していかなければいかないのです。
 

生理痛・生理不順に対する鍼灸施術

 
きむら鍼灸では、生理痛・生理不順をなんとかしていくために、このような施術を行っていきます。

 

お腹へのアプローチ
お腹には生理痛に重要なツボが集まっています。特に「関元」と呼ばれるへその下あたりが重要で、ここに鍼灸を行っていきます。
 
冷え症、生理痛に効果があると言われている部分です。

 

足・足首付近
生理痛・生理不順には、足への鍼灸も重要です。
 
三陰交という、内側のくるぶしの少し上のツボは、消化器、肝臓、腎臓などの内臓を調整してくれる部分です。その他にも、足三里・湧泉というツボは、血行循環をうながしたり、疲労を取ったりして、身体の治癒力を高めてくれます。

 

首・背中・手へのアプローチ
患者様の身体の状態によるのですが、首・背中・手などに鍼灸をすることもあります。
 
背中や首には自律神経が集まっており、それを整えていきます。
 
手にはストレスを抑えるツボがあるので、そこを刺激していきます。

 

場合によっては、骨盤を調整
基本は鍼灸による施術なんですが、場合によっては骨盤を調整することもあります。
 
骨盤がゆがんでいると、骨盤内にある子宮にも影響があり、血流が悪くなるからです。

 
以上のようなアプローチをしていくことで、女性の身体がドンドンと変わっていくことでしょう。
 
生理痛、諦めないでください。当院で薬を使わなくなって人もいらっしゃいます。
 
生理不順も、ちゃんと対処できるんです。
 
ツラい生理痛・生理不順、一緒に対処していきませんか?