鍼灸適応症状
鍼灸施術は本当にたくさんの症状に効果を期待できますが、WHO(世界保健機関)は次の症状に有効だと認めています。
 

神経系疾患
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
 
運動器系疾患
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・肩こり・外傷の後遺症
 
循環器系疾患
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
 
呼吸器系疾患
気管支炎・喘息・風邪および予防
 
消化器系疾患
胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
 
代謝内分秘系疾患
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
 
生殖、泌尿器系疾患
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
 
婦人科系疾患
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
 
耳鼻咽喉科系疾患
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
 
眼科系疾患
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
 
小児科疾患
小児神経症・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

 


きむら鍼灸では以上のような症状に対応していますが、その中でも多くの患者様が受けていかれるのは婦人科系疾患「不妊」美容の部分です。
 

なぜ鍼灸が不妊に良いのか?

実はまだ正確な理由は判明しないものの、WHOもその効果をしっかり認めているのが鍼灸による不妊施術です。
 
年齢とともに少しずつ自然治癒力が低下することに加え、生活習慣や日常生活での疲労やストレスで、生殖機能の衰えが起こっているのですが、自律神経の乱れ・ホルモンバランスの崩れ・子宮卵巣などの生殖機能の衰えを整えていくことで、妊娠しやすい身体に変っていくと考えられています。
 

妊娠しにくい身体って?

不妊不妊クリニックの治療で排卵を誘発してホルモンの分泌をよくしても、身体の血流が悪かったりすると血液によって運ばれる栄養や酸素は不足し、内臓の働きやホルモンバランスに悪い影響を与えてしまいます。
 
また冷え症で骨盤内が冷えてしまうと、子宮や卵巣の働きが低下してしまいます。
 
そうして着床しにくくなったり、卵が育ちにくかったり、受胎しにくかったりなります。
 
これが妊娠しにくい身体です。

 
誰一人として同じ不妊の状態にはおらず状況はみんな違います。
 
ですから当院では詳しくお話を伺い、その方の身体に合ったオーダーメードの最適な施術を行います。
 

妊娠中の肩こり・腰痛などもお任せください

赴任時の身体ケア
 

また不妊だけでなく、妊娠中の肩こりや腰痛などもお任せください。
 
妊娠していると赤ちゃんの重さの分だけ身体に負担がかかって、肩こりや腰痛で悩まさせることがあるでしょう。
 
しかし妊娠していると、整体院や整骨院では施術を断られてしまいます。
 
当院の鍼灸施術は、妊娠中の方でも受けられるマタニティ鍼灸を行っています。
 
妊娠中の肩こり・腰痛・頭痛などなどもお任せください!