低音の耳鳴り「ボー・ブーン」の原因と治し方。病気サイン?片耳・夜だけの場合も。 | Medicalook(メディカルック)

1 耳鳴りとは

外部からの音ではなく、耳の中で発生している音である。

ピー、キーン、ジジジ、ザー、ゴー、低音、高音など人により様々である。

静かな環境で気になりやすく、就寝時に発生することで不眠につながることもしばしばある。

 

耳鳴りは早期治療が大切になります。

症状が固定してしまうと改善しにくくなります。

耳鼻科の通院と並行しても治療可能なので早めのご来院をお勧めします。

 

2耳鳴りの分類と原因

・メニエール病

 何度もくり返し起こる耳鳴り、めまい、難聴、耳がつまる感じなど

 内リンパ水腫(内耳のむくみ)が原因とされています

 

・自覚的耳鳴り

 本人にしか聞こえない耳鳴り

 

・他覚的耳鳴り

 他の人も聞くことのできる耳鳴り

 

・難聴性耳鳴り

 難聴を伴う耳鳴り

 

・急性耳鳴り

 3~6か月以内に起こった耳鳴り

 耳鳴りの消失を目的

 

・慢性耳鳴り

 発症後6か月以上の耳鳴り

 耳鳴りの軽減や耳鳴りによる苦痛の軽減を目的

 

耳から脳に至るまでのどこかで音を感じる神経が過敏になっていたり、逆に鈍感になっていることが考えられます

 

3 耳鳴りに対する鍼灸治療

首肩のコリをとり、脳や耳周囲に血流を十分に行き渡らせることで耳鳴りの消失をはかります

治療は早ければ早いほど効果が出やすいです。症状が固定してしまうと治療をしても変化が小さい場合があるので早めのご来院をお勧めします。

4 セルフケア

コメカミ、側頚部、後頭部、後頚部、肩上部、耳周囲などをマッサージする

3K(肩こり、かぜ、過労)、3S(酒、ストレス、睡眠不足)を可能な限り生活から遠ざける工夫をする