こんにちは。木村です。

9月16日に木場公園クリニックで行われましたJISRAM研修に参加しました。

最前線で生殖医療に携わる4人の先生の講義を拝聴しました。

 

「着床前診断における遺伝カウンセラーの役割」

笠島道子先生(遺伝カウンセラー)

・永井マザーズホスピタル(埼玉)
・京野アートクリニック(仙台・高輪)
・ファティリティクリニック東京
・群馬大学医学部保健学科

 

「不妊治療における栄養外来の実際」

蘆田英珠先生(医師)

・杉山産婦人科 卵子アンチエイジング外来
・代官山クリニック 院長

 

「生殖医療の現実と課題~着床障害と最新再生医療まで」

久須美真紀先生(医師)

・山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター 副部長兼培養室長
・国際医療福祉大学准教授

 

「不妊治療と「仕事」「ライフキャリア」の課題」

中辻尚子先生(キャリアコンサルタント、不妊カウンセラー)

・ハチドリキャリア代表
・あらかきウィメンズクリニック

 

今回もとてもとても内容の濃い貴重なお話をいただきました。
特に良い卵子に恵まれるためには、食事・運動・ストレスケアが大切であることや、着床で悩んでいる方に対するPRP療法などとても興味深いことを学ぶことができました。
移植時に内膜がなかなか厚くならなくて、手立てが見つからない方は、PRP療法も検討してみてもいいのかなと思いました。

詳しくは鍼灸治療中に話しますので、ぜひ気軽に聞いてくださいね!

木村