こんにちは、鍼灸師の菊地です。

3月から5月にかけて芽が出て花が咲き、虫や動物たちの活動も活発的になる季節になって来ましたね。

最近は強い春風が吹き荒れ、私たちも身体的、精神的にも目覚め自律神経も不安定な時期ですね。

花粉症などのアレルギーのある方はストレスにもなりますね。

東洋医学で春は『』が高ぶる時期なので補養することが大切です。『』のはたらきは目や筋肉、情緒のコントロール

など広範囲です。春の陽気に刺激され肝気が上がりすぎたりすると目の充血やイライラ、不眠などの症状が出ます。

女性では生理不順がおきることも。

そんなときは、貝類や酸味のある食べ物を摂取しましょう。

そのほか、睡眠前に好きな音楽を聞いたり本を読んだり、お好きな方はアロマなどでリラックスするのもいいでしょう。

それから、太陽の光をたくさん吸収することが大切なので、ウォーキングなどもおススメです。

自分なりの方法で体調が乱れがちな春を快適にお過ごしください。