こんにちは、鍼灸師の菊地です。

皆さん、子宮内フローラって知ってますか?よく腸内フローラなんて言葉はよく耳にするんじゃないですかね。

腸内フローラとは多種多様な最近が小腸から大腸にかけて腸壁にまとまっていて顕微鏡でみるとまるでお花畑のように

見えることから腸内フローラと呼ばれるようになったそうです。

実はそのフローラ(お花畑)が子宮内にも見られると近年いわれています。

子宮内でそのフローラ、つまりは善玉菌が減少してしまっていると着床に影響するかもしれないということがささやかれています。

そこで、ラクトフェリンを摂取するとリスクがなく効果が期待できるのではといわれています。

ラクトフェリンはヒトの母乳や涙、唾液、血液などに含まれる感染防御機能を持つたんぱく質です。

さらにラクトフェリンは鉄結合作用があるため悪玉菌の増殖も抑えてくれます。

さらには経口摂取できるので腸にも効果を発揮します。

ですのでプロバイオティクスを多く含む食材やサプリを試してみてはいかがでしょう。